琉球大学教育学部の井上講四先生と学成達のゼミ活動の様子を紹介するページです


by deejinatonokinawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
『学社融合による子どもの居場所づくりを考える集い』
「第5回 おきなわ学習交流塾」 参加・申し込み案内

1.期日 : 平成16年10月30(土)~31(日)

2.場所 : 県立糸満青年の家

3.趣旨 : 今回は『学社融合による子どもの居場所づくりを考える集い』(実行委員会主催)という形で、これまでの年1回行ってきた『沖縄県学習交流実践研究集会』(第14回)も兼ね、「子どもの居場所づくり」という観点から、県内全域より様々な情報を持ち寄って、新事業のあり方や学社融合のシステム・プログラム開発、学力向上などについて研究・協議を行う。また、2日間の日程により、例会以上に、学校教育関係者、社会教育関係者および地域活動団体など、様々な交流の場となるよう期待したい。たくさんの皆様の参加をお待ちしております!!

4.プログラム
 (1日目)
13:00  
 開会セレモニ-
13:30~15:00 
課題提起 
(1)「地域子ども教室」関係
    島袋裕次(伊江村教育委員会社会教育主事)
(2)「学力向上」関係
     比嘉清美(西原町教育委員会社会教育委員)                      (3)「不登校」関係                                                                交渉中                       
全体討議                                            コ-ディネータ-
     真喜志 昇 (宜野湾市立嘉数小学校教諭)                    コ-ディネ-タ-
    交渉中
15:15~17:15  
研究・協議①インタビューダイアロ-グ                          ~今、なぜ子どもの居場所づくりなのか?!~ 

登壇者  
田端一正(県教育委員会生涯学習振興課社会教育主事)                              横山芳春  (那覇市立宇栄原小学校校長)                          比嘉秀侑  (北谷町立北谷小学校校長)                                     森田弘美  (県生涯学習審議会等委員)     
     コメンテ-タ-
        井上講四  (琉球大学教育学部教授)
    インタビュ-ア-
       稲垣純一(那覇市生涯学習推進協議会委員)      
17:15~
特別講義  
    「子どもの居場所づくりと学社融合」                                    講師:井上講四  (琉球大学教育学部教授)             

18:00~
  交流会                                            
(2日目)
9:00~
研究・協議②-部会協議-                                  (1)「地域子ども教室」部会                                         コーディネーター:黒木義成 (那覇市立天妃小学校教頭)                     (2)「学力向上・不登校」部会                                       コーディネーター新垣英司(宜野湾市立嘉数小学校教頭)

10:45  
   研究・協議③-全体討議-
11:45
      閉会セレモニー
12:00
      終了

5.参加費:500円(但し、資料代として)※食費・宿泊費等は別途徴収となります
                
6.主催・連絡先 : 琉球大学教育学部 地域教育経営(井上講四)研究室
〒903-0213西原町千原1
TEL・FAX 098-895-8430 (井上研究室)
e-mail inoken@edu.u-ryukyu.ac.jp
☆出欠の有無を22日(金)までに、上記の連絡先にご一報頂ければ幸いです   

7.協力 : 県立糸満青年の家 TEL 098-994-6342・FAX 098-995-0684

===============================================

氏名               所属
連絡先 〒
      TEL              
      FAX            
      E-mail

1.交流塾  参加 ・ 不参加

2.交流会  参加 ・ 不参加

3.宿泊   宿泊する ・ 宿泊しない    

===============================================  
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-10-14 01:28 | 別刊 南風の国から

南風の国から 第3号

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             南風(ふぇーぬ)の国から    -第3号-
                               2001年3月    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
内容
1、巻頭言
2、Messaeg from ~ to
3、イノ研だより
4、ゼミ生作品集
5、ニライカナイだより
6、編集後記
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:07 | 南風の国から 第3号

巻頭言

<巻頭言>内なる原点への回帰と新たなる胎動に向けて
 
 みなさん、その後お元気でしょうか。先日、卒業生を送り出し、そしてまた、沖縄市の「生涯学習推進大綱」つくりを終え、今やっと一息というところです。とにかく、今年度も忙しい一年でした。年度末ぎりぎりとなりましたが、「南風の国から」(第3号)お届けします。現在の発信能力と諸般の事情から、この時期、このような内容となりました。
 
 さて、早いもので、沖縄での11年目がまもなく終わります。改めて、この間いろんな人と出会い、そしてまた試みもしてきました。様変わりもしましたが、この通信もその一つです。ただ現在は、反省というか、これで良かったのだろうかという思いの方が強いように思われます。11年という年月がそうさせているのでしょうが、一方で、私の内なる原点であった、学生との関係に少しずつ変化がみられるようになってきたことが、その大きな要因であるかもしれません。
 
 私が意図してきたものは、現場の教師、行政職員、民間・地域活動家のみなさんの、生き生きとした活動あるいは仕事ぶり、みなさんが生み出す創造的なエネルギー、それらが学生たちにとってのモデルとなったり、生き方への共感・刺激となったりするということへの期待と、そのための出会いの場や接点づくりでした。授業等でも、いろいろと工夫もしてきました。 
 そのことが、教員やその他の教育人材の養成の新しい方向性ではないか、と考えてきたからです。ひいてはそれがまた、時間はかかりますが、「生涯学習体系への移行」を実現するための大きな原動力となると思ってきたからです。

 「生涯学習のまちづくり」にしろ、「開かれた学校」にしろ、「学習交流」にしろ、そうした一人ひとりの人間関係とそれが生み出すネットワークの広がりが、最も大切な部分であると思います。しかしながら、私の足場は、特定の自治体にも、特定の地域集団にもありません。大学で、教育関係人材の養成を行うということだけなのです。誰が、何のために、力を貸してくれるのでしょうか。その人たちに有効な情報やノウハウ、あるいは実践事例もほとんど持たず、ただ理論や解釈を伝えても、やはりそれだけではどうにもならないのです。そこから何を生み出すのか、忘れかけていた原点とは、実はそういうことだったのです。私は、そういう意味では、ネットワーカーそのものだったのです。

 こうした反省と再スタートの意味を込め、次年度から「浜比嘉学習交流塾(仮称)」をスタートさせようと考えています。これは、浜比嘉島のホテルの協力を得て、月一回、ゲストを招聘して、みなさん方と学生たちとの交流の場を、改めてつくっていこうとするものです。年に一度の交流集会も、この延長上で踏襲・発展させればとも考えています。これが新たに、学生たちの成長の場となれば幸いです。夢は、浜比嘉島を「学習交流の島」にとも考えていますが、どうなりますか。
 
 とにかく、ゼミの合宿、夏の地域文化交流実習等、様々なプログラム、可能性を探っていきたいと思っています。ホテルや地域の人との交流・協力、新しい地域づくり、新たなる胎動に向けて頑張っていきたいと思いますので、みなさんも是非協力、参加してみて下さい!         (井上)
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:07 | 南風の国から 第3号

Message From~To…

Message From~To…
 
 第2号の発行から随分時間が過ぎてしまいましたが、その間、今回も県内外から様々な便りが届きました。一部ではありますが、紹介したいと思います。これからの「ネットワーカー」あるいは「生涯学習のまちづくり」の在り方、さらには地域社会の方向性、子どもたちの危機への対応等、お互いが新たな模索を続けているのではないでしょうか。今後とも、意見交換、情報提供その他、よろしくお願い致します。

・沖縄県K.Mさんからのお便り
 お元気ですか。「南風の国から第2号」届きました。それぞれの思いを読み、研究集会の存在について考えさせられました。いろいろ反省はあるものの、やはり終わらせてはならないと思います。
<その終わらせてはならない理由を、今後改めて追い求めていきましょう!>

・兵庫県S.Kさんからのお便り
 「南風の国から」第2号有難うございました。ネットワーカーの熱い想いを感じます。ネットワーカーにとって必要なこと、つまりネットの本質的な議論を、再度展開していただければと思います。
<まったくその通りかと思います。要は、誰のためのネットかということですね!>

・兵庫県G.Kさんからのお便り
 学社連携(融合とは言いません)を考えるとき、障害者教育は、彼等を取り巻く社会状況(各種団体)のことも十分研究して頂きたいと思います。
<このあたりが、まだまだ弱いところかもしれませんね!>

・島根県F.Tさんからのお便り
 いつも資料を送付頂き、有難うございます。私の方は、独法化に伴う検討事項や、地域社会の審議会などで、月月~金金の近況です。世?の皆、「ただ見れば何の苦もなき水鳥の足にひまなき我が思いかな」の生活なのでしょうね。
<独法化は、まさに眼前の課題ですね。大学も、もっと必死にならなければ…>



皆様からのご意見、ご感想をお待ちしてます!
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:07 | 南風の国から 第3号

イノ研だより

イノ研だより

3月は別れの季節…。井上研究室では今年もまた、3人の卒業生・修了生が新たな道に向かって、この研究室を巣立って行きました。新年度に向けて、何かと忙しい年度末ですが、ゼミ生それぞれの「思い」を語ってもらいました。

「井上研究室で学んだこと」
 「縁は異なもの味なもの」と言われるように、院生2年間でいろいろな出会いがあった。まず、研究室の後輩の皆さん、琉大の先生方、行政の方々、学会での学識経験者など、数えれば切りが無い。大学院で研究する機会が持てたのも、井上先生との出会いがあったからである。井上研は、煙に巻かれながらも家庭的な雰囲気があり、触れ合いを通して人としての生き方、在り方を学べる場所だった。ここでは、人を知ることの大切さ、和を大事にする心など、生きる上で大切なことを学んだ気がする。今後とも、井上研究室と連携を取りながら、成長していきたいものである。
修了生 當銘 学

(とにかく、無事卒業しました。心のどこかで覚えておいて下さい!)
                               卒業生 知名由喜子

『4年間の大学生活を終えてみると、本当に「あっ」という間の4年間でした。講義はもちろんのこと、その他合宿等でも様々なことを学んだ(?)と思うのですが、それ以上に、様々な場面で活躍する人々と出会うことのできる機会を、数多く得られたことが、はっきりとした形で表すことはできないのですが、私にとってもっとも身になったこと、良い経験になったと思います。これからは、大学在学中に得た、様々な知識、経験を活かして、更なる知識、経験にしていきたいと考えています。井上先生、研究室生の皆さん色々とお世話になりました。有難うございました。これからも頑張ります。』                      卒業生  比嘉秀一

「1年間を振り返って」
 大学院に入院(?)してから、あっという間に1年間が過ぎてしまいました。学部学生の頃とは違い、井上先生にまかされる仕事の内容も、より複雑で、求められるレベルも高く、自分自身の勉強と並行させていくには、なかなか大変な時期もありました。悪戦苦闘しながら何とか自分なりにやってきましたが、まだまだ先生に迷惑をかけていたと思います。
 先生によく言われていたことですが、「自分はこれだけ頑張ってやりました(やっています)」と言うのは誰にでもできます。でもそれだけでは、仕事の内容として、やった結果として、十分なものができているかと言えば、そうでもありません。自分がどうなのかではなく、仕事全体を見てどうなのかということを考えなければいけないことを、何度も、強く実感させられました。
 4月から長かった学生生活も最後の1年となります。これまで学んだことがすべて出せるように、また、自分なりにちゃんとしたけじめをつけられるように、過ごしていきたいと考えています。          M1 井出 孝太郎

「卒業生に送る言葉」
 先輩方、卒業おめでとうございます。そして、大変お世話になりました。ゼミの授業では、たくさんの意見やアドバイス、とても勉強になりました。先輩方の、修論や卒論を頑張っている姿を見て、私も頑張ろうと、やる気が湧いてきました。また、私の卒論のテーマの相談にのってくれたり、「テーマは考えたか」などと気にかけてくれて嬉しかったです。
 私は、4年次になってしまいます。これからは、卒論に向けてしっかりと取り組み、先輩方に負けないように頑張りたいと思います。          3年次 安富 真利江

 當銘さん、秀一、ゆきちゃん、卒業おめでとうございます。人との出会いは、本当に不思議な縁だと思います。これからもたくさんの人と出会っていく中で、うまくいかなくて悩んだり、自分の生き方に影響を受けて成長することができたりと、たくさんのことを学んでいくことだと思います。その時は苦しくても、より一層素晴らしい人間になるための、乗り越えるべき壁だと思ってがんばってください。私自身、今大きな壁を前にどうしてよいかわからず、つらいのですが、来年卒業する時に笑顔でいられるように、たくさん悩んで、大きな壁を乗り越えていきたいと思っています。卒業生のみなさんに大きな幸あれ!       3年次 山入端 貴子
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:07 | 南風の国から 第3号

ゼミ生作品集

ゼミ生作品集


 今回は特別に、いつもの井上研四コママンガの代わりに、あるゼミ生の作品と、この3月に沖縄に旅行で来て、縁があって井上研究室と関わりがあった学生の文章を紹介したいと思います。まだまだ、自己満足?の世界を出ない作品かもしれませんが、暖かい目で見てください。

パソコンのハード状の問題で、近日公開予定です。
申し訳、ございません


「沖縄旅行によせて」
本土から好んで沖縄に来る人には変わり者が多い、と言う。約34時間の船旅で、不慣れから来る疲れも手伝い、当初は四方を海に囲まれているという閉塞感があった。だが、そんな思いはすぐに消えていった。力強い陽射しに穏やかな潮風、何処までも青い空と、全て透き通す海に広がる道。様々な問題を抱えても、この場所が好きで離れない人、移り住む人が居る。6年ぶりとなる沖縄は、3週間という、長いようで短い期間ではあったが、ほんの少しでも沖縄に惹かれる人達の気持ちを理解出来たように思えた。
 最後になりましたが、この場をお借りして、今回大変お世話になった井上先生及び研究室の皆様に深く御礼申し上げます。             (Y.I)
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:07 | 南風の国から 第3号

ニライカナイだより

ニライカナイだより(新コーナー)
 
 ニライカナイとは、レクや野外活動等を中心とした行事の企画・運営を通じて、学生間の親睦や交流を図る同好会的組織で、5年前から活動している怪しげな?学生集団です。現在は、井上先生が、「教育原理」の授業の一環で行っている、青年の家や少年自然の家での宿泊学習(1泊2日)の企画・運営を、その中心的な活動としています。本号から、新たに紙面をかざることになりましたが、ご意見やアドバイス等いただけましたら幸いです。

<ニライカナイ2000年度活動報告> 
 
はじめまして、私、ニライカナイ4代目会長 松田“未熟者”治良 でございます。1年次の冬に会長に大抜擢され、早1年以上が過ぎました。井上先生の道案内と先輩たちの足跡を辿りながら、ヨチヨチとやってまいりました。そんな私たち「チーム ニライカナイ!」(かけ声)の波乱万丈な1年は、次のようでありました。

 00’3月 ニライカナイ新チーム始動!初仕事は、ニライカナイ黄金時代を築いた2期生の「ニライカナイ卒業式」のプロデュース。かっこよさを求め、証書は“巻物”を使用。

5月 ニライ春合宿決行!新旧ニライカナイのメンバー大集合。こんなにいるのね、と驚く。

7月 大仕事「原理合宿」(in 玉城少年自然の家)。旧メンバーの引退により、9人で任務遂行、死ぬかと思った。お手伝いの皆様に感謝である。

9月 ニライ夏合宿!新人の参加によって、いきおいがつく!!しかし、会長、病み上がりで、キャンプで「おかゆ」を食う!! 

12月 やってきました年末の大仕事「原理合宿」(in糸満青年の家)。新人のおかげで、中身は怖くなかったつもりであったが、まだまだ完璧ではございません。道、険し! 

01’3月 ニライ卒業式。今年から趣向を変えてみた。こんな感じで歩いてまいりました。

 しかし、このまま歩くつもりはございません。少しずつ少しずつ、幅を変えて、方向を変えて進んでいこうと思います。私たち、新チーム「ニライカナイ」のこれからを、乞うご教示!!
(現会長 島嶼 松田 治良)

<これからの活動内容>
 
 はじめまして、ニライカナイ新3年次 伊藤 誠です。ニライカナイに入り、1年半が立ちました。まだまだ未熟なところが多く、井上先生に怒られて?ばかりです。ここでは、ニライカナイのこれから1年間の活動内容(予定)を紹介したいと思います。

4月 ニライカナイ春合宿(浜比嘉島にて)6月 前期原理合宿でのスタッフとしての活動(in名護青年の家)8月 地域文化交流実習(ユースクロスロード)への一般参加またはスタッフ参加としての活動 

10月 ニライカナイスポーツ大会(ニライメンバーの親睦とスポーツの秋にちなんで)

12月 後期原理合宿(in糸満青年の家)

02’3月 ニライカナイ卒業式 。以上を予定しています。

なお、今年度から「浜比嘉学習交流塾」(仮称)が始まります。ニライカナイは、その塾の運営や参加協力に携わっていきます。その分、活動内容がより充実しますが、大変忙しくなっていくと思います。しかしながら、この1年、ニライカナイのよりよい発展のため、頑張っていきたいと思います。 (現副会長 社会科 伊藤 誠)
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:06 | 南風の国から 第3号

編集後記

編 集 後 記

 今回の「南風の国から」(第3号)、いかがでしたでしょうか?別れの季節でもある3月も、残すところわずかとなりました。今まで過ごしてきた場所を巣立ち、新たなスタートを切ろうとする人、新たな気持ちで新年度を迎えようとする人、それぞれ新年度に向けての「思い」があると思います。皆様が4月からいいスタートが切れますように、井上研究室一同、心よりお祈りしています。

 さて、話は変わりますが、「巻頭言」で井上先生が書かれているように、4月から月1回、第4金曜日の夕方(次の日まで)に、「浜比嘉学習交流塾」(仮称)がスタートします(ただし、4月は事情により、第3金曜日を予定)。ゼミ生とニライカナイのメンバーによる協同企画・運営ということで、かなりの緊張感があります。ここでは、学校・職場・地域等で様々な活動をされている人を招聘し、学生と交流してもらおうというものです。もちろん、どなたでも自由に参加していただけるものです。よろしかったら、講師としてきていただき、学生(若者)に「熱き思い」を語ってもらえればと思います。
 
 なお、福岡で開催されています「中国・四国・九州地区生涯学習実践研究交流会」(5月18~20日、福岡県立社会教育総合センター)についてですが、今年は第20回の記念大会となっています。これまでにない多数の人が、ここ沖縄から参加することになっています。その中で、米須美佐枝さんが事例発表、比嘉清美さんが司会、そして井上先生がリレートーク登壇となっています。応援を兼ねて、是非参加されたらいかがでしょうか。大いに楽しみ、多くのみなさんと新たなネットワークをつくってきてください。                        (井出 孝太郎)
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 20:06 | 南風の国から 第3号

南風の国だより  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             南風(ふぇーぬ)の国から    -第2号-
                               2000年11月    
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
内容
1、巻頭言
2、第10回沖縄県学習実践研究会報告
3、第10回沖縄県学習実践研究会 ネットワーカーの想い
4、Messaeg from ~ to
5、イノ研だより
6、編集後記
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 19:10 | 南風の国から 第2号

巻頭言

巻頭言

山は動いたか!?沖縄県学習交流実践研究集会第10回記念大会を終えて

 去る7月29日、標記研究集会の第10回目を終えました。本集会は、最初は、教育委員会の社会教育関係職員のみなさんに呼びかけて、当時(今でも?)重要な課題であった「生涯学習のまちづくり」の実践的な方向性を、お互いの情報交換とネットワークづくりを兼ねながら、見出していこうというものでした。なお、これは一部の人はご存じだと思いますが、これよりも長く、規模もはるかに大きい九州での集会に触発されて、スタートしたものであります。当然、そこへの橋渡し的な役割も意識してきました。
 
 これまで、本集会の世話人のことを「ネットワーカー」と称して、お互いのネットワークを形成してきていますが、この中には、上記の福岡の集会に参加してもらった人(事例発表者として、半ば強制的に?行ってもらった!)が多くいます。彼(彼女)らは、異口同音に福岡の良さ、素晴らしさを口にし、沖縄でも何とかこのような会にしたいという思いを共有しています。残念ながら、初期の頃のネットワーカー(行政職員がほとんどだった!)が、かなりの?距離を置いたところにいってしまっていますので、この集会は、徐々にその人たちに支えられたものとなってきていることは、言うまでもありません。

 ところで、10年という節目を迎えた本集会の推移あるいはその背後にある諸情勢の変化を眺めてみますと、ある意味で非常に複雑な思いをもつのは、ひとり私だけでしょうか。すなわち、「生涯学習の推進」というスローガンが、最早一時代を終えて、今では、ただそれだけでは何の求心力も持てなくなってしまっているのではないかということです。政策上の課題としては、それなりに重要な課題として位置づけられ、可能な範囲で、新しい施策や事業(施設等の設置も含め)が展関されたと言えば、そうだとも言えるでしょう。そして今、その延長上で、それなりに自らの職務や活動を行っているとも言えるのかもしれません。そういう意味では、「山は動いた!」と言えるのでしょう。

 しかしながら、特に本集会(私)が求めていたのは、いわゆる「社会教育の世界」の変化だけてはなく、「学校教育の世界」の変化も同時にあったのです。そういう意味では、「山は動かなかった?」と言えるのてはないでしょうか。皮肉にも?現在、学校教育の方で、地域社会との関係を強く求める動きが顕著となってきていますが(「開かれた学校」「学社離合」「総合的な学習の時間」等)、まさしく「生涯学習のまちづくり」がやろうとしてやり切れなかった、「行政」「民間(地域)」「学校」の三者の連携が注目されます。

 こうした状況にあって、「生涯学習の総合行政的推進」が、これからも新鮮な政策課題として位置づくのかどうか、そうした部分への視点が重要となってくることはまちがいありません。本集会は、改めてそういう視点を大切にするとともに、新たな段階を求めるべく、ネットワーカーのあり方、関わり方を多少シフト変換していくことが必要なのだと思います。どのような形になればよいのか、具体的にはこれからの話となりますが、原点的な意義としての、ネットワーカー同志の濃密な情報交換や話し合いの場を大切にしていきたいという思いは変わることありません。                 (井上講四)
[PR]
# by deejinatonokinawa | 2004-08-04 19:10 | 南風の国から 第2号